証しの力

30 Jul 証しの力

イエス様と出会って、変えられないことなどあり得ません。皆さんもイエス様を知っておられるなら、証しを語ることができます。思い起こしてみてください。皆さんはイエス様と出会う前、どのような生活を送っていましたか?どのようにイエス様との出会いを果たせましたか?そして、出会いの後はどのように変えられましたか?この3つの質問に対する答えをつなげてみてください。それが皆さんの証しです。今月のブログでも、同じ方法で、スタッフの一人が証しを伝えてくれました。

複雑な家庭環境で育った私は、愛がなんであるかがわかりませんでした。

自分を大切にするということがなんであるのかがわからなかったため、私は15歳から18歳まで夜の世界で働き、毎日がパーティーであるかのようにお酒を飲み、なんとかお金を稼ごうとお店に来たお客さんを楽しませることに一生懸命でした。

私は真実の愛をずっと探していました。この世界のどこかに、私を完璧に愛してくれる人はいないのかなって。心や人生に虚しさを感じ、なぜ自分は生まれてきたのか、死んだ後はどこに行くのかをずっと探していました。

そして18歳の頃に私はイエス様に出会いました。神様が存在することは信じていたのですが、神の子が私の罪のために身代わりとなって十字架で死に、よみがえったことは初めて聞きました。その愛を信じて受け入れるとき、私の罪は真っ白にされ、神の子としての特権が与えられ、永遠の命が与えられるというのです。

聖書を初めて読んだ私は、このイエス様なら私を完全に愛せるかもしれないと思いました。信じるだけでこのような特権の数々が手に入るとは、あまりにも美味しすぎると思ったので、初めは試し食いのような感覚で信じました。

しかし、神様は本当に今も生きて働かれる方であることを証拠をもって示し続けてくださいました。それは止まる事なく、いまに至るまで増え続けています。私は、長い間探していた宝をみつけたような気持ちです。私の人生は変わりました。私の心が神様によって変えられていったからです。

ですから、皆さんにもお願いしたいことがあります。「イエス様、あなたがいるなら見せてください」と祈ってみてください。そして試し食いからでもいいので、味わってみてください。

高山実樹(翻訳チーム)

No Comments

Sorry, the comment form is closed at this time.