新型コロナウイルスアップデート

17 Apr 新型コロナウイルスアップデート

皆さんこんにちは。こうして近況報告を書くことが、皆さんにとって励ましとなればと思い、このコロナウィルス伝染病がどのように私たちの生活に影響を与えているのか、また同じ時に、神様はどのようにして働いてくださっているのかを、お伝えしていきたいと思います。

ベースディレクターからのメッセージ

共に集まり、目はスクリーンに釘付け。物事が好転していき、人々の心は徐々に興奮に包まれた、、、カンザスシティ・チーフスが逆転し始めた!!

この時の僕たちはアメリカンスーパーボールの試合をベースにいる仲間たちと見ながらアメリカンスーパーボールならではのスナックを楽しみ素晴らしい時を過ごしていました。僕たちはとりわけ、どちらのチームを応援していた訳ではありませんでしたが、一つの質問が、僕たち幾人かの頭を過ったのでした。”もしかして、リバイバルが起ころうとしている?”というのも、僕達の幾人かは、”もしカンザスシティ・チーフスがスーパーボールで勝ったなら、リバイバルが来る”という預言を聞いたことがあったからでした。そして、ご存知の通り、カンザスシティ・チーフスは、今年2月3日、見事優勝したのでした!

けれども、その日、僕たち日本に住む者にとっては、それだけがニュースではありませんでした。東京湾にある横浜港で、大型クルーズ船ダイアモンド•プリンセス内に、コロナウィルス感染者が確認され、隔離されているというニュースを、僕たちは後になって知ったのでした。もちろん当時、”コロナウィルス”とは、知られてる名前でもなく、僕たちはまずどのようにして、その時行っていた弟子訓練を、アウトリーチから帰ってきた生徒達と共に、無事終わらせるかを考えていました。生徒達はロックダウンの影響もなく、それぞれの国へと帰る事ができました。しかし、その後数週間の間に全ては変わっていきました。

今現在世界の過半数がロックダウンの中にいます。日本の政府は先週、緊急事態宣言を発表しました。東京都知事は、出来る限りの自宅勤務を要請し、夜間での外出、週末には出来る限り外出を控えるようにとの呼びかけを行いました。”リバイバル”という言葉を思い出してください。今では少し遠い過去の話のような、ほんのわずかな可能性しかない夢のような言葉に感じますね。”人々が集まる事もできないのにリバイバルが起こるっていうの?”そんな疑問が湧いてきます。確かにリバイバルというと建物の中で大勢の人々が集まり、心揺さぶられる説教を聞き、悔い改め、イエス様にすべて捧げますと決断する姿を想像します。しかし今大勢の人々が集まる場所を見つけることはできません。でも僕たちは、リバイバルを迎えるに最も適した場所にそれぞれ置かれているようにも見えます。家に置かれ、気を散らされるもの、快楽だったものから離れ、僕たちは神の心を求め、神の心にあるものを祈る素晴らしい機会が与えられているのではないでしょうか?自分達の力によってではなく、神様の力によって全ては動かされることを、完全に信頼するように呼ばれているのではないでしょうか?今こそ僕たちが神様との関係の中へと踏み込み、さらに神様に引き寄せられ、一人一人がリバイバルを経験し、イエスが戻ってくる時のために整えられる時だと心から信じています。

僕たちYWAM東京では、どのようにしてこの危機の中で順応し、受け入れていくのかを考えています。この年の初め、僕たちの目は2020年に開幕されるオリンピックに向けられ、あらゆる国々から人々がきて、共に伝道をする準備をしていました。しかし今あらゆる国々とその人々が、それぞれの場所で留められ、また僕たちの町もその時期に突入しようとしています。僕たちは引き続き神様を見上げ、そしてこれらの状況の中で神様の導きを信頼し、”神様、ぼくたちは今この時どのように応答するべきですか?”と聞いています。僕たちが神様を求める中で、主が僕たちの手をとり、答えを与えてくださるということを僕たちは知っています!

2月に起きたカンザスシティ・チーフスの勝利が主の特別な働きの始まりだったかどうかは分かりませんが今リバイバルが僕たちの思いにあるのは確かです!リバイバルが僕たちの町から国へと、そしてさらに多くの国々へと広がるまで僕たちはとりなし主に従っていきます!神様がこの危機的状況の中ですべてを益とし働いてくださってるということに希望をもっているからです!

ジェーピー・コーハン(新ベースディレクター)

働く神の証 

今、世はコロナウイルスへの怖れに覆われています。健康や経済など、今まで確かだと思っていたことが揺るぎ、不安でいっぱいの人が多いのではないでしょうか。わたしの母もその一人です。母はノンビリーバーで、以前何度か福音を伝えたことはありましたがいつも拒絶されていました。しかし、コロナ禍の中、非常に怖がり心配している母に電話で、「わたしは全然怖くない。イエス様がいるから」と改めて福音とイエス様にある希望を伝えたところ、驚くほどすんなり受け入れ、一緒に罪人の祈りを祈ることができました。

私がクリスチャンになる前、母との関係は最悪でした。しかし主はそこに赦しと回復を与え、愛することができるようにしてくださいました。そして今回、母の救いという最高の恵みをいただきました。コロナウイルスという艱難も、主は益にしてくださいます。主は本当に良いお方です!

よしえ(コミュニティーメンバー)

イエスと日本のために、

東京ワイワム

No Comments

Sorry, the comment form is closed at this time.